針脱毛の裏話

脇、腕、足、指、顔などなど産毛を含めたくさんな所から毛は生えてきます。

特に女子は身だしなみとして脱毛・除毛をしている方が多々あると考えます。

私も学生の頃から、毎日、毛を処理するようになり、想像以上に手間が必要になるその作業が時の無意味ではないかと思うようになりました。

そのようなある日「永久脱毛」という言語をエステのチラシでみかけ、強く関心を持ちました。

社会人になり、自身で収入を得るようになった私は、脱毛する事に決めました。

調査してみると脱毛には針脱毛、光脱毛、ブラジリアンワックス等種類があり、光脱毛はエステでやるものと美容クリニックでやるものがありました。

最初に某名高いエステ店の針脱毛に行く事にしました。

決め手になったのは、一度施術した箇所からは毛が生えなくなるという事、成り立ちと実績があり社会的信用がある事でした。

実のところに訪問し詳しい解説を受けてみると針脱毛した箇所でも、懐妊や分娩をきっかけにわずか毛が生えてくる事もあるそうで、実際は永久脱毛という言語は使ってはいけない事になっているとの事でした。

針脱毛は、毛穴に針を刺し、電流を流す事で毛穴を殺し、毛が生えないようにするといもので、苦痛も伴います。

個人的には特に産毛に施術するケースに強い苦痛がありました。

細かい作業なので1回に可能な範囲が狭く、何度も通う不可欠があり、毛量によって通う回数に個人差があり、開始出来に予算はありますが、細かい毛まで施術やりたい事例には付け足し料金が生じてするので脇だけでも数十万もかかります。

毛量が少なく、狭苦しい範囲の毛を半永久的に脱毛やりたい方、しかも苦しみに強い方には向いている手法でした。

ところで私の時は、出産後に施術箇所にさらに毛が生える事はないのですでした。

美を追求する女性

脱毛施術を受けた後

脱毛をした後の女性
サロンに行く良いところは、帰するところ無意味毛処理の労力を大きく和らげる可能な事です。

そもそも自らで体毛を処理する時、必然的に繰り返しが必須になります。

理由を言えば、体毛は定期的生えてくるからです。

1日だけ体毛を処理しても、他にも翌日には生えてきてしまいますから、とにもかくにも手間が大きい事は間違いないのです。

ところがショップで施術を受けると、抜け落ちる訳です。

だいたい2週間も経過すれば、体毛が抜け落ちる事例が殆どですから、ショップに足を運ぶ事を思い描く方々も多々あるです。

では一時的に店舗に行けば、常に体毛が生えなくなるかと言われれば、そうとも言えません。

生えてくる事は自体あります。

このところになって、永久脱毛という表現はあまり使われなくなりましたが、医療組織などによる施術は成果が大きいですね。

半永久的に影響を発揮してくれる訳です。

けれどもやはりの医療組織も、パーフェクトではないのです。

半永久的と謳われていても、実のところには数年ほど経過すれば、再び生えてくる事はあります。

したがって「永久」と言うのは少々ハードルが高いでしょう。

永久ではなく、「半」永久という表現が最も妥当と思われます。

現に脱毛についてのショップでも、公式Webページでそのように表現している事も多々あるです。

そこまでしても数年ほど手入れが要らないになる良いところは、結局十分に大きいと思われます。

医療機構でなくても、サロンによる施術で十分に大きな良い面を感じる女もとても多々あるです。

処理しにくいムダ毛

ムダ毛処理をする女性
脇の必要ない毛の処理に苦労している方たちはいますよね。

毛深い人だと必要ない毛の処理は相当の時がいるので、途中ですごく疲れますよね。

必要ない毛の処理が終わる前に投げ出してしまいたくなる心境もすごく理解いただけます。

脇の必要ない毛の処理と言うのは特に時が必要になるので、やめたくなる心の内は分かるのです。

それくらいしんどい作業です。

脇の必要ない毛がみっともないくらいに生えているケースはまだ処理はしやすいです。

各必要ない毛一本が長いので毛抜きで充分にと必要ない毛を抓んで抜く事が可能なからです。

トップ大変なのは数日前に必要ない毛を抜いたばっかりと言う脇です。

この時は必要ない毛がちょびちょびと生えてきてしまって、余分に抜きにくいと言う様子になります。

必要ない毛の一本一本が短いので毛抜きで捉えにくく卒なく抓む事ができません。

だからちゃんとと必要ない毛を抜く事が叶わず苦労するのです。

この時の必要ない毛処理って、現実にイライラするから嫌です。

必要ない毛のあるところは分かるのに短いせいで抜けないとなるとイライラは最高潮に溜まります。

だからできるだけ期間を開けないでやる必要ない毛処理は避けたいのです。

一段といいアイテムがあれば必要ない毛の処理をしやすくなるのになとかは考えます。

毛抜きに異なるような短い必要ない毛も充分にと捉えらえる必要ない毛処理道具がくれですね。

私はちょびっと生えている事例の必要ない毛処理には苦労させられっぱなしなので、こういったアイテムが提供されてくれです。

医療脱毛のいいところ

脱毛に勤しむ女性
病院では、ほとんどは保険によって総額の局所が支払われる事になります。

いわゆる保険適用になった時には、丸々負担にはならないでしょう。

それは、いい話ではあります。

それで医療脱毛を比較考量する場合には、それが引っかかる事もあるのです。

何せ脱毛の施術は、まとまったお金は必須でしょう。

高価になると、局所は保険で支払われるか如何にかが見過ごせないのも、ある意味自然と言えます。

結論を申し上げれば、少なくとも美容目的の医療脱毛は、最初に困難なと考慮した方が良いでしょう。

そもそも健康保険というルールは、あくまでも医療行為が主たる目的になる訳です。

インフルエンザや重病などのどこかに病で治療を受けた時のみ、部分のお金が支払われるという仕組みになります。

それで美容目的のケースは、心残りながら健康保険の適用外になる訳です。

ですから美容クリニックによる施術は、原則として保険は適用されません。

ただし、たまに異例的な話もあります。

そもそも治療行為の一環として、脱毛を行う事もあるのです。

肌に対する治療を行う上で、必然的にむだ毛が障害になってしまうので、脱毛を行う場合はたまにあります。

そのような時には、脱毛は保険適用になると考慮して良いでしょう。

ですが美容目的に限定された医療脱毛となると、とどのつまり健康保険は適用されません。

大抵は自由診療扱いになると腹積もりておく方が良いでしょう。