針脱毛の裏話

脇、腕、足、指、顔などなど産毛を含めたくさんな所から毛は生えてきます。

特に女子は身だしなみとして脱毛・除毛をしている方が多々あると考えます。

私も学生の頃から、毎日、毛を処理するようになり、想像以上に手間が必要になるその作業が時の無意味ではないかと思うようになりました。

そのようなある日「永久脱毛」という言語をエステのチラシでみかけ、強く関心を持ちました。

社会人になり、自身で収入を得るようになった私は、脱毛する事に決めました。

調査してみると脱毛には針脱毛、光脱毛、ブラジリアンワックス等種類があり、光脱毛はエステでやるものと美容クリニックでやるものがありました。

最初に某名高いエステ店の針脱毛に行く事にしました。

決め手になったのは、一度施術した箇所からは毛が生えなくなるという事、成り立ちと実績があり社会的信用がある事でした。

実のところに訪問し詳しい解説を受けてみると針脱毛した箇所でも、懐妊や分娩をきっかけにわずか毛が生えてくる事もあるそうで、実際は永久脱毛という言語は使ってはいけない事になっているとの事でした。

針脱毛は、毛穴に針を刺し、電流を流す事で毛穴を殺し、毛が生えないようにするといもので、苦痛も伴います。

個人的には特に産毛に施術するケースに強い苦痛がありました。

細かい作業なので1回に可能な範囲が狭く、何度も通う不可欠があり、毛量によって通う回数に個人差があり、開始出来に予算はありますが、細かい毛まで施術やりたい事例には付け足し料金が生じてするので脇だけでも数十万もかかります。

毛量が少なく、狭苦しい範囲の毛を半永久的に脱毛やりたい方、しかも苦しみに強い方には向いている手法でした。

ところで私の時は、出産後に施術箇所にさらに毛が生える事はないのですでした。

美を追求する女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です